気仙沼チャウダー麺

三陸わかめを練りこんだ麺と気仙沼温泉卵を添えたチャウダー麺

米国は東海岸で生まれ、魚介類、じゃがいも、ベーコン、生クリームを入れて煮込んだ具だくさんのスープ「チャウダー」を日本の東海岸「気仙沼」で水揚げされる魚介類をふんだんに使い仕上げました。
三陸わかめを練りこんだ翡翠色の麺、そして気仙沼温泉卵を添えた、より「気仙沼」なチャウダー麺です。

シュウリ貝

フランス料理ではよく使われる通称「ムール貝」。
きれいなオレンジ色と独特の磯の香りが食欲をそそります。

サメゴロチャーシュー
 サメで作ったサイコロ型チャーシューは食べやすく、
気仙沼ならではのお薦めチャーシューです。

つぼみ菜とパプリカ
主役ではありませんが、白いスープの中できらりと光る彩(いろどり)野菜。
季節を知らせる名脇役です。

牡蠣(冬季限定)とあさり
質の高さでは日本で一番と評価される牡蠣、
そしてあさりも気仙沼の代表選手です。

ふかひれ
世界一の水揚げ量を誇る気仙沼産のフカヒレ。
贅沢気分にさせてくれる「グー」な具を入れました。

気仙沼温泉卵
塩泉の為、体がほかほかになる気仙沼温泉。
その源泉で茹でた温泉卵で気分もほかほかに。

赤皿貝
ホタテより小さいが、出汁のコクはホタテ以上!?
フランス料理のシェフも太鼓判の新食材です。

出汁
チャウダーの決め手、出汁は宮城県三陸海岸で水揚げされる魚介類をふんだんに使っています。
三陸わかめと小松菜の粉末を練りこんだ太ちぢれ麺は白いチャウダーと相性抜群の中華麺です。
気仙沼港
カツオ、サンマ、メカジキ、そして世界一のフカ(サメ)の水揚げ港として知られる気仙沼港です。
開発ストーリー
【以下の店舗でお楽しみ頂けます】

提供店舗未定。

【提供企業】
株式会社 阿部長商店
宮城県気仙沼市内の脇二丁目133番地3
TEL:0226-22-1661

株式会社 FMS綜合研究所
宮城県仙台市青葉区木町通1-8-15
TEL:022-725-4242