三陸海岸の漁師イチオシ  赤皿貝炊き込み飯

このたび駅弁として三陸海岸からデビューしました

私、見た目はホタテそっくりですが、表面が紅色や赤紫色のものが多い為、通称「赤皿貝」と申します。
ホタテに比べて小粒ですが、味もうま味もホタテをしのぐと宮城大学の学者さんもおっしゃいます。
三陸海岸の牡蠣やホタテの養殖棚のつるにちゃっかりからんで成長しますので、「やっかい者」と言われることもありますが、そういう漁師さんからも実は酒の肴にご飯のおかずに、「美味しい」とお褒めいただき、誠に光栄至極です。
このたびは皆さまにもぜひこの「美味しさ」をおすそわけ致したく、駅弁としてデビューさせていただくことに相成りました。
赤皿貝の炊き込み飯、ぜひご堪能ください。

赤皿貝の炊き込みご飯
宮城県産米を赤皿貝と人参、干し椎茸と一緒に、ほうじ茶のほのかな香りと生姜の風味が効いたご飯に炊き上げました。

舞茸煮とやくらい山葵漬け
宮城県産舞茸を炊き、これに同じく宮城県産のきざんだやくらい山葵漬けを添えました。舞茸の香りとぴりっとした山葵の爽やかな味をお楽しみください。

昆布の佃煮
宮城県松島湾でとれた昆布を醤油で炊きあげました。松島の磯の香りを箸休めとして召し上がれ。

赤皿貝の時雨煮
赤皿貝のコクとうま味を凝縮させ、甘辛く煮含めました。
赤皿貝とは
生息域は主に北海道南部から東北沿岸と言われ、主に宮城県を中心に三陸海岸で水揚げされます。名称は地方により様々で、「アカジャラ」「イタブ」「皿貝」など。かつては牡蠣の養殖棚などにつく「やっかいモノ」として扱われ、漁師が市場には出荷せず、自宅に持ち帰って食べていました。
近年、美味しさはホタテを上回るとの評価もあり地元の飲食店などでメニューに使われるようになり、現在は本格的な養殖も始まっています。ホタテ同様、焼いたり、煮込んだりして食べますが、フランスではスープの出汁をとる為に使われるなどうまみ成分が強く、コクのある味と香りは貝類好きの方にはたまらない食材です。
東日本大震災
平成23年3月11日に発生した東日本大震災による津波の被害で、三陸海岸は大きな被害を受け、大半の牡蠣やホタテの養殖棚が消失しました。その中、今回の主原料である赤皿貝の一部は奇跡的に被害をの免れ、このたびの駅弁デビューを果たすことが出来ました。残念ながら今年度は期間も数量も限定販売となりますが、私たちは、一刻も早い生産開始を心より願い、地元生産者と一丸となって復旧に望む所存です。(写真は被災前の牡蠣の養殖棚)
開発ストーリー
【以下の店舗でお楽しみ頂けます】
仙台駅NRE駅弁売店各店(2011年6月3日より発売中)数量・期間限定
【提供企業】
【提供企業】
(株)東海
仙台市若林区卸町4丁目3番地の1
TEL:022-232-8385
(株)FMS綜合研究所
仙台市青葉区木町通1-8-15
TEL:022-725-4242
【レシピ開発協力】
(株)日本レストランエンタプライズ
東北割烹研究会 理事長 土井明