仙台牛すき丼あさひな風

仙台牛(A5ランク)+地元野菜。贅沢でヘルシーな牛すき丼を召し上がれ。

JAあさひな産の仙台牛A5等級の2種類の部位をのせた贅沢な牛すき丼。あっさりした味付けで肉そのものの旨味を味わいたい肩ロース、玉ねぎとしょう油がよくあうバラ肉、2種類の部位の味をまずは満喫いただき、そして健康を気づかうすべての人へ、たっぷりの地元産野菜をのせて。21世紀の牛すき丼は「バランス」です。

 
仙台牛
「仙台牛」の生産地である宮城県は全国有数の霜降り牛肉の産地であり、外食業界でも高い評価を得ています。
「仙台牛」とは、黒毛和牛であり、独自の肥育方法で育てられたもので、枝肉規格でA5、B5等級に格付評価されたものが条件となっています。
ちなみにJAあさひなは「仙台牛」のトップレベルであるA5等級比率が県内で一番高いJAです。
農産物
メニューに添えられた農産物もまたすべてJAあさひな産のものです。
これらの農産物は地域資源を有効に活用したJAあさひな独自の完熟発酵推肥「郷の有機(さとのゆうき)」により安全安心な環境のもと栽培されており、いずれも自然の恵みを存分に受けた自慢の農産物ばかりです。
季節に応じてメニューとなる野菜は変化しますが、添え物というよりもむしろ、いずれも「主役級」の野菜の味を存分にお楽しみください。
開発ストーリー
あさひな農業協同組合は平成9年4月に3町1村の6つの農協が広域合併して誕生しました。「あさひな」の名前は鎌倉時代、怪力で知られる「朝比奈三郎」が土を運んで七ツ森や吉田川を造ったという民話から来ています。肥沃な耕作地からとれる良質米や地味深い野菜、果樹に加え、JAあさひなは仙台牛A5等級比率が県内で一番高い農協としても有名です。今回の事業では仙台市内の飲食店のシェフによる、あさひなの仙台牛と野菜がたっぷり味わえる贅沢でヘルシーなメニューを皆様にお届けします。
【以下の店舗でお楽しみ頂けます】
伊達の旬菜 みわ亭
伊達のいろり焼き 蔵の庄
【提供企業】
あさひな農業協同組合
〒981-3626
宮城県黒川郡大和町吉岡南3丁目6番地の2
TEL.022-345-0111
FAX.022-345-0112